天然水の高度

天然水で健康なカラダ

天然水の硬度とは何でしょう

コーヒー豆や紅茶とおなじように、天然水にもいろいろ種類があります。
基準とされるものに硬度があります。
これは、水に含まれるミネラルなどの量で分けられています。
大まかに言って日本では、軟水が好まれてきました、水道水も軟水に含まれます(井戸水は除外して考えて下さい)そのまま飲料や料理に向いているため、例えば離乳食であったり、胃腸にやさしいおかゆなどを作るには、軟水が適しています。
おおよその目安として、硬度100以下を軟水と呼ぶことが多いです。
一方で最近は、ダイエット中の水分補給、ミネラル分の補給などに、硬水、硬度300以上を取り入れる人もいます。
硬水は、ミネラルなどの成分が多い為、野菜のアク抜きになども適していることが分かっています。
ゴボウ、レンコンなどの根菜類や、ゼンマイなどの山菜類のアク抜きがしやすいので、料理の下ごしらえ用に使っている方が多いです。
水と一口に言ってもいろいろ好みが出るところです。
ぜひ、目的に合わせて使い分けてみて下さいね。

硬度の高い天然水は便秘に効果的

天然水を普段から飲まれている方が増えています。
人の身体のほとんどは水分でできているということもあり、たくさん水分を摂った方が良いのですが、天然水には、ミネラルであったり、カルシウムなども含まれていますので、水道水よりもメリットがたくさんあります。
またダイエットをされているようでしたら、硬度が高い天然水を飲むことは大変おすすめです。
硬度が高いものですと、便秘を解消する効果が期待できますし、より老廃物を排出してくれるという効果も期待できます。
少しマグネシウムなども多く含まれていて、にがりのような味を感じて飲みにくいという方もいますが、慣れてしまえば身体のためだと思い飲めるようになってきます。
やはり、ミネラルが豊富であるということは、それだけ身体にもよいですし、続けていくことで身体をリセットしていくことができますので、水は水道水ではなくできればこういったミネラルウォーターをなるべく飲むようにすることをおすすめします。

Valuable information

ペット保険の比較
http://claver-hoken.com/

最終更新日:2015/6/18